本ページはプロモーションが含まれています。

【自動付帯から利用付帯へ】旅行傷害保険の適用条件を改定するクレカ急増中!

持ってるだけではダメ!指定代金のカード決済が必要です! 注目の特集
持ってるだけではダメ!指定代金のカード決済が必要です!

今年、海外旅行を計画されている人も多いのではないでしょうか?

海外旅行
常夏の国でバカンス♪

旅行先が海外となると自分や家族の健康面には気を遣いますよね。

以前より落ち着いたとはいえ病気になるリスクはありますし、不慮の事故などでケガをすることもあり得ます。

海外は医療費が高額なので要注意!

もし入院でもしようものなら多額の請求が来ることも・・

そのような事態に備えて「海外旅行傷害保険」は必ず準備しておきましょう。

もしあなたのクレジットカードに旅行保険が付帯しているのなら、その特典を上手に活用すべきです。

たしか僕の「◯◯カード」には海外旅行保険が付帯していたはず。

このカードを持ってれば保険が適用されますよね?

念のためその保険が適用される条件を確認した方がいいですよ。

最近 多くのカード会社が保険の適用条件を改定しているので要注意です。

えっ、昔と今とで保険の適用条件が変わっちゃうの!?

僕のカードは大丈夫だろうか・・

最近よく耳にするのが「自動付帯から利用付帯に変更された」というニュースで、みなさんがお持ちのクレカにも同様の改定が入ってる可能性が高いです。

そこで本記事では(発表年月順に)各カードの改定内容を紹介しますので、近く海外旅行を予定している方は改めて確認してみてください!

スポンサーリンク

適用条件の改定例

ここ数年、海外旅行傷害保険の適用条件を改定しているクレジットカードが増えています。

改定内容をチェックしてみましょう。

セゾンカード

セゾンカード(および提携カード)は種類が多く、お持ちの方も多いかもしれません。

例えば「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード」には海外旅行傷害保険が付帯しています。

この保険の適用条件に関して、2021年7月1日以降「自動付帯」から「利用付帯」に変更されています

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード

三井住友カード

三井住友カードは特定のコンビニや飲食店での還元率がとても高く、最近特に人気のカードです。

こちらにも海外旅行傷害保険が付帯しますが、2022年4月16日以降「自動付帯」から「利用付帯」に変更されています

三井住友カードゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)

オリコカード

「Orico Gold Card」など一部のカードに関して、2022年12月1日以降「利用付帯」に変更されています

詳細は以下のサイトをご覧ください。

海外旅行傷害保険の適用条件変更について|オリコカード・オリコローン
このページでは海外旅行傷害保険の適用条件変更についてご紹介しております。クレジットカード・カードローンのオリコ公式サイトです。

JCB

JCBのプロパーカードに関しても同様の改定がありました。

ゴールドカード以上に付帯する海外旅行傷害保険に関して、2023年4月1日以降「利用付帯」に変更されています

JCBゴールド
JCBゴールド
カード付帯保険の適用条件改定のお知らせ|JCBカード
JCBカード・JCBデビットカードに付帯する海外・旅行傷害保険の適用条件を改定についてのお知らせです。

ジャックスカード

ジャックスカードが発行する各種クレジットカードをお持ちの方も注意してください。

一部のプラチナカードやゴールドカードを除き、2023年10月1日以降「利用付帯」に変更されています

詳細は以下のサイトをご覧ください。

https://www.jaccs.co.jp/service/information/kaigai_travelinsurance.html

エポスカード

エポスカードといえば「年会費無料にもかかわらず海外旅行傷害保険が自動付帯する」ことが注目され、昔も今も大人気のカードです。

エポスカード(一般カード/ゴールドカード)
エポスカード(一般カード/ゴールドカード)

えっ!

もしかしてエポスカードにも同様の改定が!?

他のカードの改定が発表されても、このカードの保険はずっと「自動付帯」だったのですが・・

残念ながら2023年10月1日以降は「利用付帯」に変更されました・・(悲)

【重要】エポスカード会員さま向け海外旅行傷害保険のサービス改定のお知らせ|クレジットカードはエポスカード
【重要】エポスカード会員さま向け海外旅行傷害保険のサービス改定のお知らせ。クレジットカードなら入会金・年会費永年無料のエポスカード。最短即日発行!

知らなかった・・

とうとうエポスカードまでもが・・

自動付帯から利用付帯への改定はカード業界全体の流れでもあります。

こればかりは仕方がありませんね。

このようにカード会社が相次いで適用条件を改定しています。

ここで挙げなかったカードに関しても同様の改定が入っているかもしれませんので、改めて公式サイトで確認することをオススメします。

スポンサーリンク

「自動付帯」と「利用付帯」の違い

そもそも「自動付帯」から「利用付帯」になると何が変わるの?

違いがよく分からないんだけど・・

「自動付帯」「利用付帯」とでは海外旅行傷害保険の適用条件が大きく異なります。

海外旅行される方は2つの違いをしっかり認識しておいてください。

「自動付帯」とは

対象のクレジットカードを持っているだけで海外旅行傷害保険が適用されます。

「利用付帯」とは

ただカードを持っているだけでは保険が適用されないので注意してください!

旅行代金や飛行機などの交通費を対象カードで決済してはじめて海外旅行傷害保険が適用されます。

つまり「利用付帯」に変わると、持ってるだけでは1円も補償してもらえないのね。

気をつけないと大変だわ・・

利用付帯の条件についてもカード会社ごとに微妙に異なります。

「何の代金をカード決済すれば保険が適用されるのか?」を事前に調べておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いま多くのクレジットカード会社が海外旅行傷害保険の適用条件を「自動付帯」から「利用付帯」に改定しています。

ただ持っているだけでよかったはずが、指定の代金をカード決済しないと保険が適用されなくなりましたので、後で後悔しないよう十分注意する必要があります。

近く海外旅行を予定されている方は、カード会社の公式サイト等で保険適用条件を確認してください。