本ページはプロモーションが含まれています。

TポイントはVポイントに!ファミマTカードは最大2%還元でFamiPayでも!

「ファミマTカード」のメリットとデメリット おすすめカード
「ファミマTカード」のメリットとデメリット

みなさんは普段どのコンビニをよく利用しますか?

自宅や会社の近くにあるコンビニや、お気に入りの弁当やスイーツが売ってるコンビニには毎日のように行くこともありますよね。

もしあなたの「推しコンビニ」がファミリーマートなら、今回の記事は必見です。

ファミリーマート
あなたはファミマ派?

ファミマ派の人ならぜひ持っておきたいのが「ファミマTカード」でしょう。

このクレカのことを「Vポイントがたまるカード」という認識しか持ってないのなら、あなたは"本来のメリット"を活かしきれていません。

「Tポイント」「Vポイント」に変わりました。

どのお店で、どのように利用すれば、ポイント還元をどれだけ受けられるか

これを理解しておくと、かなり効率良く Vポイントをためることができますよ〜♪

Vポイントって使い道が多いから便利よね。

「ファミマTカード」の上手な活用方法を覚えようかしら。

さっそく「ファミマTカード」の特徴やメリット/デメリットを見ていきましょう!

スポンサーリンク

ファミマTカードの基本情報

「ファミマTカード」はポケットカードが(ファミリーマートと提携して)発行するクレジットカードです。

ファミマTカード
ファミマTカード

このカードの基本的な情報は以下のとおりです。

年会費は無料であり、決済額に応じて「Vポイント」がたまっていくのが主な特徴です。

発行元ポケットカード株式会社
国際ブランドJCB
(タッチ決済に対応)
年会費永年無料
ETCカードも無料
家族カードはない
ポイントVポイント
200円(税込)につき1ポイント
ショッピング保険海外ショッピングのみ補償あり
(補償金額は年間最高50万円まで)
申し込み条件18歳以上(高校生除く)の方
ファミマTカードの概要

もしあなたが「Vポイント」をためているのなら、このカードを持つことで大きなメリットを得られるでしょう。

ファミマをよく利用する人は必見ね!

スポンサーリンク

ファミマTカードのメリット

「ファミマTカード」持つとどんなメリットがあるのでしょうか?

1つ1つ解説しますね。

ファミリーマート利用時はポイント還元率が(最大)2%

ファミリーマートで商品を購入してファミマTカードで支払うと、200円(税込)につきVポイントが4ポイントたまります

ファミリーマート
ファミマで使うとおトク!

このカードの基本的なポイント還元率は0.5%ですが、ファミマで利用すればポイント還元率が2%まで跳ね上がるということです。

通常の4倍じゃん!

ただし一部の商品やサービスに関しては対象外となりますので注意してください。

2%還元の対象外となる商品やサービス
  • タバコ
  • マルチコピー機(Famiポート)取扱商品・サービス
  • 切手、ハガキ、印紙類
  • チケット類
  • POSAカード、プリペイドカード各種
  • 公共料金等の支払い
  • TOTO

Vポイント提携店にてポイントを2重取り

Vポイント提携店にてファミマTカードを提示し、さらに決済することでポイントの2重取りができます

カードを提示してポイントをゲット!

さらにクレジット決済してポイントをゲット!

Vポイント提携店についてはこちらをご覧ください。

【Tポイント】貯まる・使う│お店を探す
Tポイントが貯まる・使える│主要なお店をご紹介!ジャンルや対象サービス別で探すこともできます

ためたVポイントは提携店で「1ポイント=1円」として使えます。

FamiPayにチャージしてボーナス還元

普段からファミマをよく利用している方なら「FamiPay(ファミペイ)」も活用していることでしょう。

ファミマのアプリ
ファミマのアプリなら、いつものお買い物がさらにおトクに!

FamiPayにファミマTカードを登録してチャージを行うと、チャージ金額の0.5%分のFamiPayボーナスが還元されます。

FamiPayに登録可能なクレジットカードは「ファミマTカード」「JCBブランドのカード」に限られています。

VISAやMastercardブランドのカードは登録できません。

カード以外では、現金もしくは銀行口座からチャージすることも可能です。

公共料金の支払いに使える

通常は公共料金(電話・電気・ガス代など)をクレジットカードで支払うことはできませんが、ファミマTカードを使えばファミリーマートにて請求書支払いが可能です。

公共料金
公共料金をファミマで請求書支払い!

しかも公共料金の支払い対しても0.5%分のポイントがもらえます!

毎月必ずかかる費用だし、これにもポイントが付くなんて最高だわ!

なお、自動車税や国民年金保険料等の税金類に関してはファミリーマートにてクレジット払いできません。

入会キャンペーンあり

新規入会される方に向けてお得なキャンペーンが実施されています。

今なら新規入会してカードを利用すると・・・

最大13,500円ポイントがプレゼントされますよ〜。

(2024年5月17日現在のキャンペーンです。)

そんなにもらえるの!?

カード利用のタイミングが合えば超お得じゃん!

詳細はこちらの公式サイトをご覧ください。

カードをつくる | ポケットカード株式会社
ファミマクレジットのホームページ。ファミリーマートで使えるTポイントが貯まるクレジットカードを発行。入会申込み、ネットサービスはこちら。

その他の特典

トラベル割引

「ポケットカードトラベルセンター」で申し込み、ファミマTカードで支払うと、旅行ツアー代金が最大8%割引されます。

旅行代理店
旅行ツアー代金の割引あり!

レンタカー割引

レンタカー会社に優待割引を伝えた上で予約し、ファミマTカードで支払うと、基本料金の割引があります。

レンタカー
レンタカーで割引あり!
割引対象レンタカー会社

トヨタレンタリース、日産レンタカー、ニッポインレンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタル

TSUTAYAのレンタルサービス

ファミマTカードを使ってTSUTAYAのレンタルを利用できます。

初回手続きが必要となりますが、登録料は無料です。

レンタルビデオ店
TSUTAYAでも利用できる

ポケットモール経由でボーナスポイント

会員専用の「ポケットモール」を経由して買い物をすることでボーナスポイントをためることができます。

ポケットモール
ポケットカードが運営するポケットモール(POCKET MALL)は、経由してショップサイトで通常のお買い物をするだけで、ポケット・ポイント、Tポイントが貯まります。貯まったポイントはネットカウンターにて確認ができます。
スポンサーリンク

ファミマTカードのデメリット

ここでは「ファミマTカード」のデメリットについて触れてみたいと思います。

基本的なポイント還元率は高くない

ファミリーマートでの還元率こそ「最大2%」と魅力的でしたが、ファミマ以外のJCB加盟店での還元率は0.5%となっており、それほど高いわけではありません。

ファミマ関連での利用に特化するのが得策かもね♪

海外・国内旅行傷害保険の付帯なし

ファミマTカードには「海外・国内旅行傷害保険」が付帯していません

飛行機に乗って家族旅行
旅行保険は付いてないので注意・・

旅行が大好きで、旅行保険が必要な方は別のカードを併用しましょう。

デフォルトの支払い方法は「リボ払い」

カードが自宅に届いた時点では、支払い方法が「リボ払い」に設定されている点に注意してください。

えっ、そうなの!?

今のところ「リボ払い」を使う予定はないんだけど・・

会員サイトで設定を切り替えられるので大丈夫ですよ。

カード到着後に会員サイトにログインし、引き落としの銀行口座を登録後、「ずっと全額払い」に変更しておきましょう。

まとめ

「ファミマTカード」を上手に活用すればVポイントを効率よくためることができます。

普段からファミリーマートをよく利用する人なら、ぜひ持っておきたいカードといえるでしょう。

ファミマにて公共料金の支払いもできる上に、ポイントまで付くというのも驚きですよね。

(この場合のポイント還元は2%ではありません。)

カードのメリットを最大限に活かしてVポイントをどんどんためていきましょう!

カードをつくる | ポケットカード株式会社
ファミマクレジットのホームページ。ファミリーマートで使えるTポイントが貯まるクレジットカードを発行。入会申込み、ネットサービスはこちら。