本ページはプロモーションが含まれています。

【リクルートカード】どの店で使っても1.2%還元!保険も魅力の万能カード!

ポイント還元率が高く、日常決済でどんどんたまる! おすすめカード
ポイント還元率が高く、日常決済でどんどんたまる!

クレジットカードを作る際、やっぱりポイント還元率は気になりますよね。

「対象店舗で使えばポイント還元率が高くなる」という特典付きのクレカに惹かれる人も多いでしょう。

【特典】このカードをA店やB店で利用した場合に限り、ポイント◯%還元!

ショップAB
特定店舗では高還元!

一見するとこの特典は魅力的ですが、よくよく調べてみると「対象店舗以外で決済した場合は還元率が良くない(0.5%程度)」ことが多かったりします。

ユーザーがお店ごとにクレカを使い分ければお得になるのでしょうが、これを面倒に感じる人もいるでしょう。

特定のお店に限定することなく、どこで使っても高還元率!

そんなクレジットカードって存在しないのかしら?

そのような人は「リクルートカード」に注目です!

リクルートカードの注目ポイント
  • 年会費無料なので経済的な負担は一切なし。
  • どこで使っても(基本)還元率が高く、使い方次第でさらなるポイントアップも可能。
  • 旅行保険やショッピング保険も付帯する。

複雑なことを考える必要はなく、この1枚を持っていればOK!

そんな万能カードなんですよ。

スポンサーリンク

リクルートカードの基本情報

「リクルートカード」は年会費無料のクレジットカードであり、お好きな国際ブランドを選択できます。

リクルートカード
リクルートカード

まずは本カードの基本情報から見てみましょう。

国際ブランドVISA/Mastercard/JCBから選択可能。
カード発行元VISA/Mastercardを選んだ場合は三菱UFJニコス株式会社が発行。
JCBを選んだ場合は株式会社JCBが発行。
年会費永年無料
家族カードも年会費無料
ETCカードの年会費は無料だが、VISA/Mastercardは発行手数料1,100円(税込)が必要。
ポイント決済額に応じて「リクルートポイント」がたまる。
ポイント還元率は1.2%
タッチ決済JCBのみ対応
(2024/02/13現在、VISA/Mastercardは未対応)
申し込み条件18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方。
または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。
リクルートカードの基本情報

年会費無料なのに還元率が1.2%ってのが大きな特徴ね。

リクルートカードにはいろいろな魅力があります。

次章から詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

注目すべきはポイント

基本的な還元率は1.2%!

リクルートカードはいわゆる「一般カード」に属するカードです。

一般カードの還元率といえば通常 0.5%程度で、高いものでも「1.0%」に届くかどうかなのですが・・

リクルートカードはなんと!還元率が「1.2%」なんです!

脅威の高還元率 1.2%
他のカードに比べて還元率が高い!

基本的な還元率がここまで高ければ日常の買い物でもより多くのポイントがたります。

電話料金公共料金の一部(光熱費など)でも同様の還元を受けられるため、このカードを上手に使えばかなりお得になるでしょう。

年会費無料でこれほど還元率の高いカードは他にありませんよ。

電子マネーへのチャージでもポイント還元

リクルートカードは(一部の)電子マネーへのチャージでもポイント還元を受けれます

電子マネーにチャージ
電子マネーにチャージ

チャージ自体をポイント付与対象外にしているカードも多い中、

リクルートカードならポイントをもらえるんですね!(嬉)

ただし次の2点には注意してください。

  • ポイント対象となるチャージ金額は「ひと月あたり3万円まで」であり、それ以上チャージした分のポイントは還元されません。
  • 国際ブランドによって対象となる電子マネーが異なり、かつ還元率も異なります。
ポイント付与対象の電子マネーポイント還元率
VISAまたはMastercardモバイルSuica
楽天Edy
SMART ICOCA
1.2%
JCBモバイルSuica0.75%
リクルートカードによる電子マネーチャージ

ポイントの使い道

ためた「リクルートポイント」の使い道について見ていきましょう。

リクルート系サービスでポイントを使う

リクルートが運営する各種サービスにおいて「1ポイント=1円」として利用できます。

リクルート系サービス
  • ポンパレモール
  • じゃらんnet
  • じゃらんゴルフ
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティー
  • OISIX

など

旅好きの僕は「じゃらん」をよく活用するんです。

ここでポイントが使えるのは最高〜♪

他のポイントに交換して使う

リクルートポイントは他のポイントに交換することも可能です。

このときの交換レートは「1対1」ですので、安心して提携サービスにまで活用の場を広げることができますよ。

ただし各種キャンペーンでもらった「リクルート限定ポイント」や「サイト限定ポイント」はポイント交換の対象外です。

ポイント交換に関する詳細は以下の公式サイトをご覧ください。

交換できる提携ポイント・交換レート

スポンサーリンク

ポイントアップのサービスを活用しよう!

「1.2%」という還元率の高さだけでも驚きますが、リクルート系のサービスを活用するとさらに多くのポイントをもらうことが可能です。

ポンパレモール

リクルートが運営するショッピングサイトがこちら。

食品や日用品、家具家電、ファッション用品などさまざまな商品を取り扱っているのが特徴です。

ポンパレモール:ネット通販/オンラインショッピングサイト
【ポイント還元率3%】リクルートのオンライン通販、通信販売が楽しめるショッピングモール。送料無料の商品多数!さらにポイントがいつでも3%以上貯まって、家電からファッション、食品、ベビー用品まで、お得に買い物できます♪

上記サイトでリクルートカードを利用して買い物をすると、還元率が4.2%(以上)にアップします。

カード決済の1.2%還元に加え、買い物分の3.0%還元が加算されます。

サイトには最大20%還元の商品もあったりしますので上手に活用しましょう!

ショッピングを楽しむ人
上手にショッピングしてポイントをゲット!

じゃらんnet

リクルートが運営する旅行予約サイトがこちら。

宿・ホテル予約 - 旅行ならじゃらんnet
宿・ホテル予約ならじゃらんnet。当日予約や今だけのじゃらん限定プランも。航空券や新幹線と宿泊のセットでさらにお得に。リッチな温泉旅館から便利なビジネスホテルまで目的に合わせて簡単検索。豊富な観光情報と口コミであなたの旅行をサポートします。

上記サイト予約して宿泊・カード決済すると、還元率が3.2%にアップします。

カード決済の1.2%還元に加え、予約・宿泊分の2.0%還元が加算されます。

中には10%も還元されるプランもあってお得ですよ!

飛行機に乗って家族旅行
家族旅行でポイントをゲット!

ホットペッパービューティー

リクルートが運営する美容室・ヘアサロン等の予約サイトがこちら。

ホットペッパービューティー|美容院・美容室・ヘアサロンの検索予約サイト
美容院・美容室・ヘアサロンが探せる日本最大級の検索・予約サイト。1162万点あるスタイルや、ブログ、口コミをチェックして、気になるスタイリストを直接指名。24時間いつでもネット予約OK。美容院や美容室、ヘアサロンを検索・予約するならホットペッパービューティー

上記サイトで予約して来店・カード決済すると、還元率が3.2%にアップします。

カード決済の1.2%還元に加え、予約・来店分の2.0%還元が加算されます。

美容室でキレイになった人
美容室でキレイになってポイントをゲット!

ホットペッパーグルメ

リクルートが運営する飲食店の予約サイトがこちら。

ホットペッパーグルメ 【ネット予約可能店舗数No.1】
ホットペッパーグルメはネット予約可能店舗数・ネット予約利用者数・ネット予約満足度でNo.1!(2021年6月調査時点(株)東京商工リサーチ調べ)人気の特集や季節のおすすめ情報から簡単お店検索!ネット予約なら24時間利用可能でポイントもたまります!

上記サイトで予約して来店・カード決済すると、カード決済の1.2%に加えて、来店人数×50ポイントがもらえます。

食事会や飲み会で幹事をする方ならぜひ活用したいですよね!

飲み会
食事会や飲み会でポイントをゲット!

付帯保険

ここまではポイント関連に注目してきましたが、このカードに付帯する各種保険もなかなか魅力的ですよ。

年会費無料にもかかわらず保険がここまで充実しているカードは珍しいでしょう。

海外・国内旅行傷害保険

旅行が好きな人や出張の多いビジネスマンにとってありがたいのが「海外・国内旅行傷害保険」です。

リクルートカードで旅行代金等を支払うことで適用されます。(利用付帯)。

補償内容
海外旅行最高2,000万円
国内旅行最高1,000万円
リクルートカードの旅行傷害保険

(海外だけでなく)国内旅行傷害保険までカバーしてるなんてスゴいでしょ!

年会費無料のカードではなかなか見かけない特典です。

ショッピング保険

リクルートカードで購入した品物が破損したり盗難にあった場合、購入日より90日間、最高200万円まで補償してもらえます。

ショッピング保険まで付帯してるなんて嬉しすぎるわ!

リクルートカードの「2枚持ち」が可能

リクルートカードは国際ブランドによって発行会社が異なるため、いわゆる「2枚持ち」が可能です。

「2枚持ち」できる組み合わせ
  • VISAブランドとJCBブランドの2枚
  • MastercardブランドとJCBブランドの2枚

(VISAとMastercardを組み合わせることは不可能)

「2枚持ち」して何のメリットがあるの?

リクルートカードで電子マネーにチャージする場合、「ひと月あたり3万円までしかポイント付与されない」という制限がありましたよね。

もし「2枚持ち」すれば、この上限額を倍の「6万円」にまで増やすことができるというわけです。

電子マネーを多用する人なら注目したい特徴ね!

お得な入会キャンペーン実施中!

いまリクルートカードでは入会キャンペーンが実施されています。

「JCB版の新規入会+カード利用」で最大6,000円分ものポイントがもらえるようなので、これを上手に活用しましょう!

【リクルートカード(Recruit Card)】新規入会+ご利用でポイントプレゼント
年会費永年無料でポイント還元率1.2%!新規入会+カードのご利用でポイントプレゼント!特典詳細はこちらから

(2024/02/13現在)

デメリット

最後にデメリットについても触れておこうと思います。

ポイントアップの特典がリクルート系サービスに限られる

特定店舗で還元率がアップするような特典を各種カードで見かけますが、リクルートカードでポイントアップの対象になるのは「リクルート系サービス」に限られているのが現状です。

リクルート系サービスをあまり使わない人にはメリットないのかな・・?

これを不満に思うかもしれませんが、それ以上に「どこで使っても1.2%還元」というメリットは強力すぎると思いますよ。

国際ブランドの選択に注意が必要

どの国際ブランドを選んだかでカードの特徴が異なるため、以下の点を考慮しておく必要があります。

  • 電子マネーにチャージしたとき、VISA/Masterなら1.2%分のポイントが還元されるが、JCBだと還元率が0.75%となる。
  • JCBなら手数料無料でETCカードを発行できるが、VISAやMastercardだと手数料として1,100円(税込)が必要。
  • JCBのみタッチ決済に対応しており、VISAやMastercardはこの機能を搭載していない。
    (2024/02/13現在)
  • JCBに限り最大6,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーンあり。
    (2024/02/13現在)

まとめ

特定のお店だけでなく、どこで使っても高還元率になる「リクルートカード」を紹介しました。

「1.2%」という基本還元率は他社カードと比べても断然高く、毎日の買い物や(一部の)公共料金、電子マネーへのチャージ等に使うことでリクルートポイントがたくさんたまりそうです。

さらに旅行傷害保険やショッピング保険まで付帯しているなんて驚きですよね。

「この1枚持っておけばOK!」という万能型カードをお探しなら検討する価値アリですよ!

【Recruit Card(リクルートカード)】リクルートのクレジットカードは年会費永年無料!ポイント還元率1.2%!!
年会費永年無料!ポイント還元率1.2%のリクルートカード。お得にポイントがたまる・つかえる!!カード付帯保険も充実。更にお得なキャンペーンでポイントがどんどん貯まるクレジットカード、リクルートカードのお申込みはコチラ。